東京住建の考え方と商品の魅力について

家づくりをするにあたって最も大切なもののひとつにどのような住宅会社を選ぶのかというものがあります。一戸建て住宅購入をいうのは人生で何度もあるものではありません。そのため、その道のエキスパートとしてパートナーになってくれる企業の存在が重要になってくるのです。では、その企業とはどのようなところなのでしょうか。

■企業としての強みについて
ユーザーの完成や心を捉えるほどのクオリティの高い商品、そしてサービスを提供することによってその家族との共感と信頼を生み出す企業が東京住建です。このような取り組みを繰り返すことによって好感度企業として評価されています。そして、その評価が会社全体の活力となり、企業の成長に繋がるということを信じているのです。「商品は我が社の命」という言葉を常に心がけることによって、満足させる商品を提供し続け街づくりにも貢献しています。

では、良い家の基準とはどのようなものでしょうか。それはユーザーによって人それぞれです。使い勝手の良さを重視する人もいれば職人のこだわりを重視したいという人もいるでしょう。また、バリアフリー環境を整えてどのような人でも暮らしやすい家を目指す人もいればデザイン性が高い方が良いという人もいます。このような様々な要望を叶えるだけの力が東京住建には存在するのです。

■ジオ・ステージについて
東京住建の分譲住宅である「ジオ・ステージ」。こちらは分譲住宅でありながら基本設計図をベースとしたセミオーダーシステムを採用しています。そのため、コストパフォーマンスの高さと生活のしやすさを両立することが出来るのです。このような特徴を持っているので資金面に不安がある人に愛されています。

また、このジオ・ステージの魅力はコストパフォーマンスだけにとどまらず、注文住宅の建築で培った東京住建のノウハウが詰め込まれているというところにも注目が集まります。通気性は基礎パッキン工法と外通気構造を採用していることによって湿気が溜まりにくいだけでなく耐久性にも影響を与えませんし、断熱性はグラスウールを50mm以上も使っているので外の気温の影響を受けにくいのです。

■ユーザーとの信頼関係が優れた商品を生み出す
「良い家」を作る能力が高いのが東京住建だと言われています。千差万別のライフスタイルに適合したありとあらゆるタイプの家を作ることが出来るので、多くの信頼を勝ち取っているのです。そして、その信頼は会社のエネルギーとなり、より優れた商品を生み出すことが出来るサイクルへとつながっていきます。

そのような特徴を持っている東京住建の商品の中に「ジオ・ステージ」があります。こちらはセミオーダーシステムの分譲住宅となっており、自分のくらしやすさをカスタマイズする事が出来ます。通気性に関しては外通気構造や基礎パッキン工法などを採用していたり、断熱性に関してはグラスウールを使っているなど随所にこだわりが見えるのです。